沖高生じゃっきーFARM始動

無農薬のバレイショ生産に挑戦する沖永良部高校生ら=1日、知名町田皆

無農薬のバレイショ生産に挑戦する沖永良部高校生ら=1日、知名町田皆

 沖永良部高校生が提案、企画した農業ビジネスへの挑戦が1日、始まった。島特産のキクラゲ生産で廃棄される菌床を活用した無農薬農業で、高付加価値のバレイショ産出を目指す。プラン名は「じゃがいも」と「きくらげ」から取った「じゃっきーFARM」。リーダーの川畑芽衣さん(2年)は「3年生たちと話し合い、思い付いた時から『やれる』と思っていた。まずは私たちで土台をつくり、後輩たちに引き継いでいきたい」と話した。