海上集会の赤旗見つかる

先人が闘った復帰運動の証でもある赤旗を持つ、全国司法労組名瀬分会の組合員やOBら。前列左が西さん=18日、奄美市

先人が闘った復帰運動の証でもある赤旗を持つ、全国司法労組名瀬分会の組合員やOBら。前列左が西さん=18日、奄美市

 6月23日は太平洋戦争末期の沖縄戦が終結した「慰霊の日」。多数の一般市民に犠牲を強いる激戦が繰り広げられたものの、戦後、沖縄と奄美群島は米軍政下に置かれ、再び辛苦をなめることになる。沖縄の日本復帰運動のさなか、与論島沖の洋上で繰り広げられた海上集会の史料がこのほど、奄美市の民家で見つかった。沖縄の裁判所労組から奄美の労組へ贈られた赤旗だ。「祖国への千里の一歩」「早く陽のあたるところへ出たい」。びっしりと埋まった寄せ書きからは、本土返還を渇望する住民の叫び声が聞こえてくる。