温泉「掘り当てるぞ」 観光施設整備へ 掘削開始 大和村

 

ボーリング用のやぐらの下で執り行われた掘削工事の地鎮祭=16日、大和村

ボーリング用のやぐらの下で執り行われた掘削工事の地鎮祭=16日、大和村

 天然温泉を目玉とした新たな観光施設の温泉掘削工事が16日、大和村大棚の整備予定地で始まった。施設は同村出身の浜崎哲義氏(62)が代表を務める総合美術会社・グレイ美術(本社・東京都)が昨年10月、整備構想を発表。温泉露天風呂付きの宿泊棟、バーベキューが楽しめるキャンプサイトなどを段階的に整備する。温泉は地下約1800メートルまで掘削して掘り当てる計画だ。同日は地鎮祭が執り行われ、出席者が「温泉出てこい」とプロジェクトの成功を祈願した。

 

 施設名は「奄美温泉大和ハナハナビーチリゾート」(仮称)。同社によると、来年春にバーベキューなどを日帰りで楽しめるキャンプサイト、敷地内の自然を生かした亜熱帯野鳥の森植物園エリアをオープンさせる。

 

 メインとなる温泉付き宿泊棟、手ぶらで気軽にキャンプを堪能できる「グランピング」サイトは来年12月ごろのオープンを目指す。グランドオープンまでの整備に約5億5000万円を投資する予定だ。

 

 同社によると、2019年に敷地内の地質を調査し、温泉の出る可能性が高いことを確認した。掘削工事は今年12月ごろ完了予定。工事費は約1億3500万円。

 

 地鎮祭には同社関係者や施工業者、村役場や村議会の代表ら約20人が出席。高さ約25メートルのボーリング用やぐらの下で神事を執り行った。

 

 浜崎社長は「掘削工事が成功し、大和村の観光振興に少しでも貢献できればと思っている。少しずつでもしっかりと事業を前に進めていけるよう頑張りたい」と述べた。

 

 大和村は昨年10月に同社と立地協定を結び、施設整備に関わる行政手続きなどの面で同社をサポートしている。伊集院幼村長は「奄美だけでなく、全国で注目される施設になるよう我々(村)もサポートしたい。掘削工事により温泉が出ることを待ち望んでいる」と期待した。