漁港に漁具アート 有志が漂着ごみで制作 沖永良部島

漂着ごみを使った漁具アート作品の前でポーズを決める男児=7日、沖永良部島

漂着ごみを使った漁具アート作品の前でポーズを決める男児=7日、沖永良部島

 【沖永良部総局】沖永良部島内の漁港にこのほど、漁具アートが出現した。島内の有志が漂着ごみで制作し、横幅約3㍍の翼をかたどった。地域住民に写真映えスポットとして知られるようになり、撮影を楽しむ親子連れなどが訪れている。

 企画者の意向により、作品がある漁港の場所などは非公表。作品のテーマは「浮世之大翼」で疫病、天災、プラスチックごみによる環境汚染鎮静を祈願して制作したという。

 作品の材料は有志が島内の海岸などで回収した100個以上の漂着ごみ。有志の一人は「作品を見つけ、写真を撮ると幸せになれるという遊び心を持って多くの人に作品を探してほしい」と笑顔で語った。

 漁港管理者の許可を得て制作した。