瀬戸内、知名で新たに計2人 新型コロナ

  県と鹿児島市は15日、新たに13人の新型コロナウイルス感染者を確認したと発表した。このうち2人は瀬戸内町の20代男性と知名町の60代男性で、いずれも医療機関に入院中。

 

 県によると、瀬戸内町の男性は12日に倦怠感を発症し、改善しなかったため13日に医療機関でPCR検査を受け、陽性が判明した。15日現在、頭痛の症状がある。濃厚接触者として知人1人を検査し、陰性を確認したという。

 

 15日現在、感染者との接触は確認されておらず、県は感染経路や他の濃厚接触者の有無などを調べている。

 

 知名町の男性は7日から10日にかけて町外に滞在。8日からせきの症状を発症し、11日以降は在宅していた。その後、鹿児島市が14日に発表した同市在住の20代男性の濃厚接触者と判明したため、同日、医療機関でLAMP検査を受けて陽性が判明した。15日現在、37・7度の発熱がある。

 

 15日午後6時現在、検査結果が分かっていない濃厚接触者は親族と知人合わせて19人。県によると、全員の検査結果が判明するのは16日以降の見通しという。

 

 2人の他に15日に確認された新たな感染者は鹿児島市、霧島市、薩摩川内市在住の10歳未満から90歳以上までの男女11人。このうち、鹿児島市に住む30代の男女2人は知名町の男性の親族。クラスター(感染者集団)関連の感染者は確認されなかった。

 

 県全体の感染者総数は15日現在、1943人。14日現在40人が医療機関に入院し、23人が宿泊療養、2人が自宅待機中。

、知名