瀬戸内の「味」PR   海の駅パッション祭

5~6個入りの袋詰めなどを販売したパッション祭=18日、せとうち海の駅

5~6個入りの袋詰めなどを販売したパッション祭=18日、せとうち海の駅

 瀬戸内町パッションブランド協議会(宮原仲清会長、23人)は18日、同町古仁屋のせとうち海の駅でパッション祭を開催し、安全・安心な町産パッションフルーツをPRした。果樹・果菜類の害虫ミカンコミバエ侵入に伴う移動制限区域が4月末に解除され、植物防疫所の検査に合格したパッションの島外出荷が始まっている。地域ブランド確立による競争力向上へ、関係者の期待は熱い。