瀬戸内町こど博士講座が開講

アマミノクロウサギの剥製に触れる子どもたち=11日、瀬戸内町

アマミノクロウサギの剥製に触れる子どもたち=11日、瀬戸内町

 瀬戸内町教育委員会主催の2017年度こども世界自然遺産博士講座は11日、同町立図書館・郷土館で開講した。本年度は小学4年~中学生18人が受講。初回は開講式と講座があり、受講生は世界自然遺産の概要やハブの生態について積極的に質問やメモを取るなどして熱心に学んでいた。