瀬戸内町嘉徳・海岸保全求め要望書

浸食で砂浜に崩れ落ちたアダン=16日、瀬戸内町の嘉徳海岸

浸食で砂浜に崩れ落ちたアダン=16日、瀬戸内町の嘉徳海岸

 瀬戸内町嘉徳集落の海岸の一部で浸食が進んでいる。海岸近くに防風林として植えられたアダンや墓石なども浸食で落下し、住民の間では「いずれは民家のそばまで波が打ち寄せるのではないか」と不安が高まっている。住民らは、町に対し「海岸線の砂が浸食され危険な状態。度重なる台風の襲来で浸食は急激に進行し、日常生活にも危険が迫っている。緊急に対策を講じてほしい」などとする要望書を提出し、海岸の保全を訴えている。