牛若赤丸が優勝 徳之島 全島一闘牛大会

取組終盤に猛攻を仕掛ける牛若赤丸(右)=4日、徳之島なくさみ館

取組終盤に猛攻を仕掛ける牛若赤丸(右)=4日、徳之島なくさみ館

 ゴールデンウイーク恒例の闘牛大会が1、3、4日の3日間、徳之島島内の各会場で開かれた。最終日の4日は徳之島全島一&ミニ軽量級優勝旗争奪戦(徳之島町闘牛協会主催)が伊仙町の徳之島なくさみ館であり、コロナ禍の中、約1200人の観客が熱戦に沸いた。

 

 取組は全8番。島内ナンバーワンを決める全島一の一戦は5連勝無敗の「牛若赤丸」が9分18秒の接戦の末、2階級制覇を狙う「一心阿炎」を退け防衛に成功した。

 

 ミニ軽量級の王座決定戦は王者の「同志会海月ちゃん」が「真大王丸」の挑戦を退けた。三賞は「大三元同士號」が殊勲賞、「ライキ」が敢闘賞、「炎鵬」が技能賞に輝いた。       (徳之島総局)