牛若赤丸が初防衛 10カ月ぶり闘牛再開 徳之島

一進一退の攻防が繰り広げられた全島一優勝旗争奪戦(右が王者の牛若赤丸)=3日、伊仙町なくさみ館

一進一退の攻防が繰り広げられた全島一優勝旗争奪戦(右が王者の牛若赤丸)=3日、伊仙町なくさみ館

  ○…新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、徳之島で自粛が続いていた闘牛大会が元日から、約10カ月ぶりに連日開催されている。3日は全島一・ミニ軽量級優勝旗争奪戦天城町大会(同町闘牛協会中部・南部支部主催)が伊仙町のなくさみ館であり、地元ファンなど約800人(主催者発表)が詰め掛け、巨体がぶつかり合う熱戦に沸いた。

 

 ○…取組は全10番。注目の全島一戦は、チャンピオンの「牛若赤丸」と挑戦者の「二代目大陸王」が対戦した。挑戦者が猛攻を仕掛けた序盤以降は一進一退の攻防が続いたが、牛若赤丸が16分過ぎに相手の左脇腹付近へ速攻を仕掛けて戦意を喪失させ、16分24秒で初防衛を果たした。

 

 〇…ミニ軽量級は、挑戦者の富同志会海月ちゃんが王者のチビブルを54秒で退け新王者に。三賞は東勝輝幸心が殊勲、吉川実業が技能、福田青空が敢闘賞をそれぞれ獲得した。

 〇…正月闘牛大会は新型コロナの感染防止対策として、入場者数を1500人に制限。発券所を複数設けて来場者へ検温を行ったほか、観客に対しマスク着用を義務付けた。4日も同会場で闘牛大会が行われる。

 

     (徳之島総局)