産官学連携で産業振興

伊仙町出身の屋宏典琉球大学副学長

伊仙町出身の屋宏典琉球大学副学長

 伊仙町出身の屋宏典琉球大学副学長(58)を迎えての講演会(NPO奄美機能性食品開発研究会主催)が24日、奄美市名瀬のホテルであった。屋氏の基調講演に続き、琉球大学・熱帯生物圏研究センターの稲福征志研究員が、奄美伝統野菜で琉大と徳之島町、同研究会の共同研究成果「向春草(アマミシマアザミ)の機能性」について解説した。