畜産振興施設の建設を 実現向け議員大会決議 徳之島3町

奄美群島市町村議会議員大会への提出事項を決めた徳之島三カ町議会議員大会=5日、天城町天城

奄美群島市町村議会議員大会への提出事項を決めた徳之島三カ町議会議員大会=5日、天城町天城

 2019年度徳之島三カ町議会議員大会(同連絡協議会主催)が5日、天城町防災センターであった。島内3町の議員と町長、議会事務局職員ら約60人が出席し、伊仙町の提案議題「畜産振興施設の建設について」を採択。奄美群島市町村議会議員大会(5月、奄美市)へ提出することを決めた。

 

 来賓あいさつで大久保明伊仙町長は、3日に知名町で行われた沖永良部・与論地区議会議員大会が今年を最後に閉幕したことに触れ「世界自然遺産登録を目前に控えた今こそ、徳之島3町の議員大会の存在価値が試される。提案議題を総力を挙げて実現していくことが大事」と訴えた。

 

 徳之島ではJAあまみ徳之島中央家畜市場が2011年に完成して以降、毎月競りが実施され、子牛出荷頭数も年々増加傾向にある。その一方、県本土の各家畜市場に整備されている付属施設がなく、提案理由で「徳之島3町の肉用牛共進会や登録審査は屋外で実施されている現状。天候に左右され特に夏場は農家や牛への悪影響が懸念される」と指摘した。

 

 屋根付き施設を建設することで「競り前の子牛品評会や生産農家の研修施設、各種共進会の開催などに活用でき、牛の品質や農家の生産意欲向上につながる」として、同市場隣接地への早期建設を求めた。

 

 提案議題について、禧久伸一郎、寿肇両県議が助言を行い、「地元や農家の現状を県や国に説明し、前向きに取り組む」と述べた。

 

 大会後は研修会があり、環境省徳之島管理官事務所の沢登良馬国立公園管理官が「世界自然遺産登録に向けて」と題し講演した。