発電能力、約6倍に/新名音川発電所が始動

旧施設の老朽化に伴って建設された新名音川発電所(九州電力提供)

旧施設の老朽化に伴って建設された新名音川発電所(九州電力提供)

 九州電力は大和村名音の名音川流域で整備を進めてきた新名音川発電所がこのほど完成し、自主検査終了を経て9日、営業運転を開始した。最大出力は従来の65キロワットから約6倍の370キロワットへと大幅に増強される。同社奄美配電事業所は「新施設の始動で、自然エネルギーの有効活用が大幅に飛躍する」としている。

発電機(九州電力提供)

発電機(九州電力提供)