看板設置で母校を応援 生徒増に先輩ら一役 大島北高OB

大島北高校を応援する目的で看板を設置する同校OBら=19日、龍郷町中勝

大島北高校を応援する目的で看板を設置する同校OBら=19日、龍郷町中勝

 奄美市笠利町の県立大島北高校の卒業生で組織する前田ヶ丘同窓会(平川久嘉会長)と大島北高等学校教育振興協議会は19日、龍郷町中勝の国道沿いに母校を応援する看板を設置した。平川会長は「小さな学校だが、ますます生徒が集まるよう母校の活性化、魅力化の広報が目的。生徒たちには伸び伸びと頑張ってもらって、世界に羽ばたくことを期待したい」と話した。

 

 作業には、マスクを着用するなど新型コロナウイルスの感染防止策を講じた上でOBら8人が参加した。

 

 看板は、以前は笠利町に設置されていて2年前の台風で破損してしまったものを再利用。縁を木枠で囲むなど修復、補強した。看板を支えるパイプは平田鉄工が寄贈。新しい設置場所は重信重機整備工場の敷地内で、OBが無償提供した。

 

 看板の大きさは縦89センチ、横396センチ。同校イメージカラーの青色で「君の未来はここにある 大島北高」と記し、ドライバーの目に留まりやすい高さに設置した。

 

 中須康文教頭によると、同校の2020年度の生徒数は138人で、前年度から22人増加。すべての学年で40人を超えた。中須教頭は「同窓会の方々あってこその北高。ご恩に報いるために魅力ある学校づくりを頑張っていきたい」と話した。