県が奄美和光園に20回目の「ふるさと便」

「ふるさとお楽しみ便」を受け取る入所者代表の山田さん(右)=16日、奄美市名瀬の奄美和光園

「ふるさとお楽しみ便」を受け取る入所者代表の山田さん(右)=16日、奄美市名瀬の奄美和光園

 県は16日、県内の特産品を詰め合わせた「ふるさとお楽しみ便」を奄美市名瀬の国立療養所「奄美和光園」(加納達雄園長、入所者36人)の入所者に贈った。1995年度に始まり、今年で20回目。健康増進課の四元俊彦課長らが園を訪れ、入所者代表の山田洋さん(85)に手渡した。