県またぐ移動自粛を 奄美大島5首長が共同声明

共同メッセージを発信する奄美大島5市町村長=15日、奄美市名瀬

共同メッセージを発信する奄美大島5市町村長=15日、奄美市名瀬

 鹿児島県を含む39県で新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が解除されたことを受けて奄美大島5市町村長は15日、共同メッセージを発信した。4月18日以降、島内での感染者の発生は確認されていないが、まん延防止のため県をまたぐ不要不急の移動を極力避けるよう呼び掛けた。5月31日まで。これまで島内、島外への移動自粛を促してきたが、県内間の往来は可能とした。

 

 朝山毅奄美市長、伊集院幼大和村長、元山公知宇検村長、鎌田愛人瀬戸内町長、竹田泰典龍郷町長の連名。奄美市役所で奄美大島新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開いた。

 

 共同メッセージでは「緊急事態宣言は解除されたが感染拡大の恐れは払拭されたわけではない。感染拡大すれば離島の医療体制はひっ迫する」と指摘。引き続き感染防止に取り組むとした。

 

 住民や来島者に対しては①県境をまたぐ不要不急の帰省、旅行は極力避ける。来島中は健康管理やマスク着用を徹底する②3密を避け、テレワークを進めるといった「新しい生活様式」を実践する③医療従事者や関係者、感染症対策に携わる人々の風評被害につながる行動を慎む│ことを呼び掛けた。

 

 空港や港の水際対策で実施している、体温が高い来島者の行動調査は継続する。