県内で新たに14人 新型コロナ

 

 【鹿児島総局】県と鹿児島市は22日、新たに14人の新型コロナウイルス感染者を確認したと発表した。鹿児島市、霧島市、大崎町、薩摩川内市、福岡県の10歳未満から90歳以上までの男女。鹿児島市内の介護サービス事業所で県内22例目のクラスター(感染者集団)が発生したことが分かった。


 鹿児島市によると、新たなクラスター関連の感染者は60代から90代までの男女6人。うち、1人がこの介護事業所の職員で、5人が利用者という。介護事業所の名称については「感染者は把握できており、順次、検査を行っている」との理由から非公表としている。


 県は17日の奄美市名瀬の飲食店名公表に関連し、21日までの検査数が55件でいずれも陰性だったと明らかにした。22日は相談が寄せられず検査も行われなかった。県は今後も引き続き、相談に応じる。


 22日現在、県全体の感染者数は1497人。21日現在、108人が医療機関に入院し、重症者2人を含む93人が宿泊療養中。10人が自宅待機中となっている。