県内初、水土里サークル全町組織が発足/知名町

舞台上で町広域協定認定手続きを行う運営委員会の奥山会長(左)と平安町長=1日、知名町

舞台上で町広域協定認定手続きを行う運営委員会の奥山会長(左)と平安町長=1日、知名町

 【沖永良部総局】国の多面的機能支払交付金を活用した水土里(みどり)サークル活動で、県内初の全町広域組織「多面的機能支払交付金知名町広域協定」が1日、発足した。町フローラル館で設立総会があり、協定に基づき設立された町広域協定運営委員会の奥山直武会長に平安正盛町長が認定書を交付した。字(集落)単位で活動してきた全20組織の協定で、町全体の水土里サークル活動の活発化と効率化が期待されている。