県感染者総数100人超え 新型コロナ

 

 県と鹿児島市は6日、県内で新たに12人の新型コロナウイルスの感染者が確認されたと発表した。「クラスター」(感染者集団)が発生した鹿児島市内のショーパブ関連が8件、それ以外が4件。クラスター関連の感染者数は計89人に拡大し、県全体の感染者数は100人を超えて110人となった。

 新たに感染が確認されたのは男性7人、女性5人。居住地は、鹿児島市8人、日置市、南九州市、枕崎市が各1人。残る1人は鹿児島市が「市外の居住地」と述べるにとどめている。

 県によると、県内医療機関への入院者数は同日正午現在48人で、無症状者や軽症者合わせて15人が鹿児島市内のホテルで宿泊療養中。6日のPCR検査数は、少なくとも県内で117件となっている。