県警OB玉井さん、迷惑イノシシを成敗

 

玉井さんと退治されたイノシシ=29日、大和村思勝

玉井さんと退治されたイノシシ=29日、大和村思勝

 大和村思勝に住む玉井勝郎さん(75)は28日、自宅庭に侵入した体長約70センチのイノシシを退治した。丸太で打ち付け一撃でノックアウトしたという。元警察官の玉井さんは「近所の迷惑者をやっつけられてよかった」と責任を果たした安堵(あんど)感をにじませていた。

 

 同日夕方、近所に住む女性が勝郎さん宅に侵入するイノシシを発見し、勝郎さんの妻の佐代子さんに知らせた。当初は女性と佐代子さん2人で追い払おうとしたが、イノシシは逃げるどころか立ち向かってきたという。

 

 2人の騒ぎ声を聞きつけた勝郎さんは庭に出てイノシシと対峙(たいじ)。たまたまそばにあった丸太のくいを手にすると「えいっ」。会心の一撃をイノシシの頭部にお見舞いした。

 

 退治されたイノシシを見にきた近所の女性は「うちの畑のサトイモも何度も被害に遭った。山近くの畑ならまだしも、こんなに人家のそばまで来るのは珍しい。退治してくれてありがたい」と話した。

 

 偶然にも玉井さんの息子の誠さんも警察官で、瀬戸内署に勤務していた2005年3月に警杖(けいじょう)でイノシシを退治している。「親子鷹」の活躍に勝郎さんは「病気で弱っているシシで良かった。息子は剣道3段だけど、私は初段。元気なやつならけがさせられていたかも」と笑った。

 

 玉井さん夫妻は昨年金婚式を迎えたという。佐代子さんは「女だけじゃどうしようもなか

た。お父さんがいてくれて良かった」と話し、「今年は奄美各地でイノシシが多いと聞くが、女子どもは興味本位で近づかないほうがいい。本当に怖かった」と注意を呼び掛けた。