知名町 経験者が協力隊に着任 徳島県出身の中川さん

知名町の地域おこし協力隊に着任した中川さん(左)ら=4日、同町知名のフローラルホテル

知名町の地域おこし協力隊に着任した中川さん(左)ら=4日、同町知名のフローラルホテル

  【沖永良部総局】知名町の新たな地域おこし協力隊として、徳島県出身の中川陽一さん(69)が4日、着任した。勤務先となる同町知名の国民宿舎「おきえらぶフローラルホテル」で任命式があり、今井力夫町長から任命書を受け取った中川さんは「赤字が続くフローラルホテルを黒字化し、みんなが憧れるホテルに変えたい」と抱負を語った。

 任期は1年更新の最長3年間。中川さんは同ホテルを運営するおきえらぶフローラル社に配属され、同社相談役を担う。

 中川さんの前職は静岡県熱海市のリゾートホテル副支配人。これまで、ゴルフ場支配人や飲食店経営などの経歴もある。妻の鶴代さん(62)は知名町瀬利覚出身。

 中川さんは「沖永良部島はケービング(洞窟探検)などを目的に国内外から旅行客が訪れていて、観光地としての魅力がある」と評価。2019年度まで3年連続赤字の厳しい経営状況のフローラルホテルについて「実際に客として泊まり、改善点が見えている部分もある。ホテルの商品はまずは人間。働いている人たちが、にこにこと笑顔で宿泊客を迎えられるよう力を尽くしていく」と語った。

 同社代表取締役も務める今井町長は「中川さんが培ってきたホテル経営のノウハウを生かして、フローラルホテルのレベルを一段上げたい」と意欲を見せた。