知名町立上城小で「人権の花運動開校式」

人権擁護委員から、人権イメージキャラクターなどの人形をもらう児童ら=8日、知名町立上城小

人権擁護委員から、人権イメージキャラクターなどの人形をもらう児童ら=8日、知名町立上城小

 知名町の上城小学校(松永貢校長、児童16人)で8日、人権の花運動開校式があった。ヒマワリの種を受け取った子どもたちは今後、校内で協力して花を育て思いやりの気持ちを育む。

 

 式で松永校長は同校の校訓「夢に向かって読書と花とあふれる笑顔」に触れつつ、「花の栽培を通じていろんなことを学び、それを家庭や地域にも広めていこう」などとあいさつ。町人権擁護委員の伊井清勝さんから1年の稲江鈴さん(6)へヒマワリの種が手渡された。

 

 この日は特別ゲストとして町のイメージキャラクター「ちなボー」も登場。人権擁護委員と共に児童へ、法務省の人権イメージキャラクター「人KENまもる君、あゆみちゃん」や、ちなボーの人形をプレゼントした。

 

 6年の神崎太郎君(11)は「ヒマワリのように明るく前向きに学校生活を送ります」と決意発表した。

 

 小学校を対象にした法務省の啓発運動の一環。太陽に向かって伸びやかに咲く姿から、ヒマワリを「人権の花」に指定している。