空き家活用、人口増で提言/奄美大島、早大ワークショップ報告会

奄美大島の将来像や活性化策が示されたワークショップ最終報告会=27日、奄美市名瀬

奄美大島の将来像や活性化策が示されたワークショップ最終報告会=27日、奄美市名瀬

 早稲田大学と㈱ANA総合研究所(東京都)、奄美大島5市町村による産学官連携事業「早稲田大学プロフェッショナルズワークショップ」の最終報告会が27日、奄美市名瀬のAⅰAⅰひろばであった。奄美大島の将来像構築について、島外の若い視点で調査してきた学生らが地域の課題を抽出し、活性化策を提言。奄美大島を一つの枠組みとしてとらえ、交流・定住人口確保へ向けたインターネットサイトの効果的な活用や空き家対策などで自治体間の連携強化を促す声もあった。