米軍艦船が名瀬港寄港

名瀬港に親善寄港した米海軍掃海艦パトリオット=19日午前8時50分、奄美市名瀬観光船バース

名瀬港に親善寄港した米海軍掃海艦パトリオット=19日午前8時50分、奄美市名瀬観光船バース

 米海軍第7艦隊所属の掃海艦パトリオット(エミリー・Y・ロイス艦長、1253㌧)が19日午前、乗員89人を乗せて奄美市名瀬港に入港した。在日米海軍総司令部によると、乗員と地元住民の交流などを目的とした親善寄港で、同日は報道機関への船内公開やロイス艦長の記者会見などがあった。同司令部の公式記録では奄美大島への米海軍艦船の入港は1964年以来52年ぶり。21日まで滞在し、期間中は乗員と地元高校生とのバスケットボール交流試合や英会話セッション、港湾地域の清掃活動などが予定されている。