紬のベスト作り学ぶ

紬を使ったベストの製作に挑戦する受講生=13日、奄美市名瀬

紬を使ったベストの製作に挑戦する受講生=13日、奄美市名瀬

 京都・西陣織工業組合と本場奄美大島紬協同組合などが主催する「本場奄美大島紬アカデミー教室」が12、13の両日、奄美市名瀬の紬会館であった。「市民目線のファッション提案」を掲げた産地活性化策の一環。奄美市内の主婦ら15人が受講し、大島紬を使ったベストの作り方を学んだ。教室は6月の中級クラスに続いて今年2回目。「奄美・西陣コラボレーション展」(11月)の関連行事として開催した。西陣織で洋裁を手掛ける月足妙子さんが講師を務めた。指導役の人材を育てようと奄美在住の5人が事前に工程を教わり、サポーターとして加わった。