網野子トンネルで防災訓練

トンネル事故を想定し、迅速な通報や負傷者救助など、関係機関の連携を確認した防災訓練=13日、網野子トンネル(瀬戸内町側)

トンネル事故を想定し、迅速な通報や負傷者救助など、関係機関の連携を確認した防災訓練=13日、網野子トンネル(瀬戸内町側)

 瀬戸内町勝浦と奄美市住用町役勝を結ぶ国道58号網野子バイパスの網野子トンネル内で13日、交通事故を想定した防災訓練があった。同トンネルは延長4243㍍で、供用中の一般道トンネルでは県内最長。県や瀬戸内町、消防、警察などから64人が参加し、事故発生時の連絡体系や情報共有などを確認した。