緑の再生願いソテツ植栽

丁寧にソテツを植える子どもたち=22日、和泊町畦布

丁寧にソテツを植える子どもたち=22日、和泊町畦布

  和泊町の畦布字子ども会は22日、同集落でソテツの植栽作業を行った。同子ども会育成会、集落住民、行政職員ら約50人が参加。町道沿いにソテツの子株200株を植え、緑豊かな町の再生への願いを込めた。

 作業の前には開会式があり、同集落の三島武己区長が「農業の生産性を高めるため、われわれの世代が緑をなくした。今日はここにいる子どもたちの未来のために緑を回復させたい」とあいさつ。えらぶ郷土研究会の先田光演会長がソテツの歴史や役割について講話した。