群島内5高校体育祭、八月踊りなど特色も

浴衣姿で八月踊りを披露する生徒ら=10日、奄美市名瀬

浴衣姿で八月踊りを披露する生徒ら=10日、奄美市名瀬

 奄美群島内の高校5校で10日、体育祭があった。トラックやフィールド競技に加え、伝統の応援合戦や八月踊り、エイサーといった各学校の特色あふれるプログラムが展開された。奄美市名瀬の奄美高校(二石政彦校長、生徒526人)は創立100周年記念第48回体育祭。全学年女子の「八月踊り」は、郷土芸能部と3年女子の音頭に合わせて浴衣姿で踊りを披露。後半からは男子生徒や来場者も参加し踊りの輪を広げた。