臨港道路が全線開通 奄美市・名瀬本港地区

開通した臨港道路「本港佐大熊線」=18日、奄美市名瀬

開通した臨港道路「本港佐大熊線」=18日、奄美市名瀬

 奄美市名瀬矢之脇町に造成された名瀬本港地区(マリンタウン地区)と佐大熊地区の埠頭(ふとう)間を結ぶ臨港道路「本港佐大熊線」(延長約2・9㌔)が18日、全線開通した。県大島支庁建設課は「(開通で)物流の円滑化や名瀬市街地の渋滞が緩和される」と期待している。

 

 名瀬臨港大橋を含むエリアは先行開通していたが、マリンタウン地区内に残されていた約400㍍の整備が完了し、全線開通した。

 

 臨港道路は、今回の「本港佐大熊線」と既に開通している本港地区から長浜地区にかけての「長浜本港線」(延長約0・8㌔)を含め総延長約3・7㌔が一本でつながり、利便性が向上した。

 

 開通式など式典はなかったが、県大島支庁や工事関係者らが見守る中、午後3時に車止めが外されると舗装されたばかりの道路を車両が一斉に走り出した。

 

 マリンタウン地区は本港中央埠頭から旧商港区を締め切り、陸側を埋め立てて造成。観光関連施設用地や娯楽・サービス施設用地などを確保しているほか、臨港道路や市道、緑地の整備が進んでいる。