艇庫改修で完成式典 与論町B&G海洋センター

テープカットで完成を祝った与論町B&G海洋センター艇庫リニューアルセレモニー=29日、与論町

テープカットで完成を祝った与論町B&G海洋センター艇庫リニューアルセレモニー=29日、与論町

   与論町B&G海洋センター艇庫のリニューアルセレモニーが29日、同艇庫であった。来賓、関係者約30人が出席し、テープカットなどで完成を祝った。

 

 台風被害や老朽化で損傷した屋根や内外壁の改修で、3月に完成。工事費は2475万円で、公益財団法人ブルーシー・アンド・グリーンランド財団から930万円の助成を受けた。

 

 山元宗町長は「多くの方々に快適に利用いただける施設となった。B&G財団をはじめ施設改修に関わった皆さまに感謝。本町のきれいな海を安全安心に楽しみながら、心と体の健康づくりができる施設として、ウィズコロナという観点からも今後より一層の活用を」とあいさつ。

 

 同財団の前田康吉会長(代読)は「生まれ変わった与論町海洋センターを健康づくりの場、生涯スポーツの拠点としてさらに活用いただけるものと期待している」と祝辞を述べた。

 同センターは同財団が1992年に開設。95年、町に無償譲渡された。