被災地に鎮魂の祈り/阪神・淡路大震災20年

震災の犠牲者を悼み、竹灯篭のろうそくをともす人たち=17日午前5時46分、神戸市中央区

震災の犠牲者を悼み、竹灯篭のろうそくをともす人たち=17日午前5時46分、神戸市中央区

 【神戸市で亀山昌道】阪神・淡路大震災の発生から20年となった17日早朝、兵庫県内各地で追悼行事が催された。死者6434人、行方不明者3人。奄美関係者は142人が亡くなった。正午に100を超える寺院や教会が追悼の鐘を鳴らし、神戸港に入港した船が汽笛を響かせるなど、被災地は終日、鎮魂の祈りに包まれた。