親子で正月飾り作り 県少年自然の家

ミニ門松作りに取り組む参加者=21日、奄美少年自然の家

ミニ門松作りに取り組む参加者=21日、奄美少年自然の家

 奄美市名瀬の県立奄美少年自然の家で21日、正月飾りを作る体験講座があった。家族連れなど108人が参加し、ミニしめ縄とミニ門松作りに挑戦。親子で仲良く新年を迎える準備をした。

 

 初めに職員が正月飾りの風習と由来について解説し、作り方を説明した。門松作りでは、参加者が3本の竹を斜めに切ってテープで固定。畳表を巻いた空き缶に詰めた後、松や持参した造花などで飾り付けて華やかに仕上げた。

 

 手際よく作業を進める親子もいれば、慣れない作業に悪戦苦闘する親子の姿も。子どもたちはのこぎりで竹を切ったり、松をバランスよく飾り付ける作業に真剣な表情で取り組んでいた。

 

 母親と共にミニ門松作りに参加した朝日小4年生の古賀歩君は「竹を切るのが難しかった。完成したらお姉ちゃんに見せたい。家の玄関に飾ろうかな」と笑顔。母親のアオイさん(45)は「いい経験ができた。来年は父親と姉も一緒に参加したい」と話した。