親族集い墓前にぎわう 送り盆、沖永良部島

墓前で酒や料理を囲んで語り合い、先祖の霊を慰める一族=15日夕、知名町瀬利覚

墓前で酒や料理を囲んで語り合い、先祖の霊を慰める一族=15日夕、知名町瀬利覚

 月遅れ盆が定着している沖永良部島は15日が送り盆。知名町瀬利覚の共同墓地では、各家の墓所に一族が顔をそろえ、一重一瓶を囲んで先祖の霊を慰め、送る昔ながらの風景が見られた。

 

 坂井家の墓所には島内の親族12人が集まり、持ち寄った酒や料理を囲んで故人の生前の思い出や家族の近況を語り合っていた。坂井公望さん(64)は「今年は新型コロナウイルスの影響で本土の親族が来られず、例年より人数は少なめだが、毎年一族で墓前に集まっている。島の文化であり、これからも続けたい。年に一度は先祖と一緒に語り合いたい」と笑顔で話した。