警戒レベル5へ引き上げ 徳之島

新型コロナ警戒レベル「5」への引き上げを決めた徳之島3町新型コロナウイルス感染症対策連絡会議=7日、徳之島町役場

新型コロナ警戒レベル「5」への引き上げを決めた徳之島3町新型コロナウイルス感染症対策連絡会議=7日、徳之島町役場

 徳之島3町新型コロナウイルス感染症対策連絡会議の会合が7日にあった。3町の感染状況や感染防止対策について情報を共有し、同日午後5時から新型コロナ警戒レベルを「4」から最高度の「5」に引き上げることを決定。公共施設を原則使用禁止にするとともに、島民に不要不急の外出や島外への渡航の自粛を求め、島一丸となって感染拡大防止に努めていくことを申し合わせた。

 

 会議には徳之島3町の町長、総務課長、健康増進課長など約10人が出席。感染症対策で各町役場をリモートでつなぎ、非公開で行われた。

 

 徳之島町の高岡秀規町長は開会あいさつで「(徳之島町内で感染者が増え)心配をかけていることをおわびしたい。町内で感染が確認されて以降、毎日のように感染者が発生し、危機感を覚えている。徳之島一丸となって感染防止対策に取り組むよう、心からお願いしたい」と協力を求めた。

 

 警戒レベルは島内での感染確認を受け、2日に「3」から「4」へ引き上げていたが、その後島内で感染拡大に伴い、濃厚接触者の増加などで検査数も増え、医療体制維持が危機的状況にあるとして、「5」への引き上げを決めた。

 

 来島者については、自粛は呼び掛けないが、島内での行動については島民と同様に不要不急の外出自粛を求める。今後は1日当たりの感染者数が減少すれば「4」へ引き下げ、最終の感染確認から2週間感染者が発生しないことを条件に「3」へ引き下げる。

 

 社会教育、運動など公共施設の閉鎖期間について、天城町は当面は13日までとし、14日以降は島内の感染状況を踏まえ延長するかどうか判断する。閉鎖している徳之島町と伊仙町の利用再開は、警戒レベル「3」へ引き下げた時期を想定している。

 

 来年1月1~4日に予定されている闘牛大会は、伊仙町が管理するなくさみ館で開催を予定している。警戒レベル「5」が続くと施設が使用禁止となるため、近く伊仙町と徳之島闘牛連合会などで、闘牛大会の延期を含めた内容を協議するとしている。