質量とも豊作、単収6・5㌧/与論島製糖、雨で操業長期に

 

今期製糖を終了した与論島製糖。雨の影響で長期操業となった=10日、与論町

今期製糖を終了した与論島製糖。雨の影響で長期操業となった=10日、与論町

 与論島製糖与論事業所(池田一彌所長)は24日、2015―16年期(15年産)の原料サトウキビ搬入と製糖を終了した。搬入量は2万6706㌧で前期比3740㌧(16・3%)増。10㌃当たり収量(単収)は6・466㌧(前期5・607㌧)で、7年ぶりの6㌧台となった。ただし、雨が多かった影響で機械収穫が計画通り進まず、操業終了は当初予定の3月27日から1カ月近くずれ込んだ。