赤土流出防止対策協が防災工事現場をパトロール

 

砂防ダムの工事現場で赤土流出防止対策を確認する参加者=21日、奄美市笠利町手花部

砂防ダムの工事現場で赤土流出防止対策を確認する参加者=21日、奄美市笠利町手花部

 県や奄美大島5市町村、関係業界団体でつくる大島本島地区赤土等流出防止対策協議会(会長・鮫島秀久県大島支庁総務企画部長)は21日、奄美市笠利町と龍郷町で合同パトロールを行った。土石流や河川の氾濫対策で大島支庁が防災工事を進める2カ所を視察。世界自然遺産登録へ向け、関係機関が一体となって環境保全に取り組むことで一致した。