赤木名小に「人権の花」委嘱

人権擁護委員からヒマワリの種を受け取る児童=8日、奄美市笠利町の赤木名小学校

人権擁護委員からヒマワリの種を受け取る児童=8日、奄美市笠利町の赤木名小学校

 奄美市笠利町の赤木名小学校(平野浩校長、児童114人)で8日、人権の花運動開講式があった。奄美人権擁護委員と県地方法務局奄美支局の職員が来校し、児童へマスコット人形とヒマワリの種を手渡した。児童たちは今後、協力しながら花を育て、思いやりの気持ちを育む。大島地区では本年度、奄美市の赤木名、朝日の2校が指定を受けた。