身近な自然考えよう   龍郷小

世界自然遺産登録に向け、自分たちでできる取り組みについて考えた児童ら=6日、龍郷町の龍郷小学校

世界自然遺産登録に向け、自分たちでできる取り組みについて考えた児童ら=6日、龍郷町の龍郷小学校

 龍郷町の龍郷小学校(用隆也校長)で6日、世界自然遺産登録に向けた児童らの取り組み「考えよう!ぼくらの環境~奄美・龍郷からの提言」が始まった。3~5年生15人が身近な自然について学び、自分たちにできる環境保全について考える。