軽運動で介護予防 天城町ゆいゆいサロン全体交流会

レクリエーションを楽しむ参加者=20日、天城町防災センター

レクリエーションを楽しむ参加者=20日、天城町防災センター

 天城町が高齢者の健康づくりや介護予防を目的に各集落で実施している「ゆいゆいサロン」の全体交流会が20日、天城の町防災センターであった。約200人が参加。集落発表のレクリエーションや介護予防の講話もあり、参加者は親睦を深めながら運動による介護予防の重要性に理解を深めた。

 

ゆいゆいサロンは2006年度にスタート。町内14集落の公民館などでそれぞれ週1回、軽運動やレクリエーションなどを行っている。うち5集落が同センターの委託を受けて自主運営している。交流会は8回目。

 

 10年間介護保険サービスを受けずに元気にサロンに通っている参加者5人を表彰。受賞者を代表して上田百合子さん(76)=同町当部=が「ゆいゆいサロンのおかげで皆さんと顔を合わせて仲良くでき、介護予防や健康づくりにつながっている」などとあいさつした。

 

 3集落が音楽に合わせて体を動かすレクリエーションを発表したのに続き、㈱ユニティ(霧島市)の濱田桂太朗代表取締役が介護予防をテーマに講話。口腔ケアや運動の継続、自分でできることを続け、見つけていくことの大切さを呼び掛けた。