通りで旧正月イベント 奄美市名瀬の商店街

家族連れらでにぎわった旧正月イベントの餅つき=1日、奄美市の名瀬中央通りティダモール

家族連れらでにぎわった旧正月イベントの餅つき=1日、奄美市の名瀬中央通りティダモール

 奄美市の名瀬中央通りアーケード商店街振興組合(泉松雄理事長)は1日、中央通りティダモールで旧正月イベントを開催した。アーケード内全域でさまざまな催しが繰り広げられ、多くの家族連れらでにぎわった。

 

 イベントは商店街の活性化を目的に毎年開催している。お年寄りから未就学児まで多くの市民らが、餅つきや島唄で楽しみながら交流。会場では、ぜんざいやお酒も振る舞われ、旧正月の雰囲気を味わった。

 

 泉理事長(59)は「お年寄りは島唄をゆっくり聴き、子どもたちは元気に餅つきに挑戦していて、それぞれ盛況だったのでよかった。普段から活気のある商店街にできるよう、今後もさまざまなイベントを開いていきたい」と語った。