遺品頼りに亡父の古里訪問

亡父の古里で墓前に手を合わせるフランクさん(左)と妻ダイアンさん=20日、瀬戸内町蘇刈

亡父の古里で墓前に手を合わせるフランクさん(左)と妻ダイアンさん=20日、瀬戸内町蘇刈

 子どものころに亡くした父・田畑富吉(とうきち)さんの古里を捜し、日系2世のフランク・タバタさん(69)=ホノルル在住=が19日、奄美大島を訪れた。フランクさんは父との思い出や遺品を頼りに長年調査に取り組み、日本の支援者らの力を借りて今年1月、父の出身地が瀬戸内町蘇刈集落であることを突き止めた。20日は妻ダイアンさん(58)と共に富吉さんの墓前に手を合わせ、53年ぶりの父との再会を喜んだ。