金婚夫婦へ祝い状贈呈 伊仙町

町職員から祝い状を受け取る金婚夫婦=6日、伊仙町面縄

町職員から祝い状を受け取る金婚夫婦=6日、伊仙町面縄

    伊仙町は6日、町内在住の金婚夫婦に祝い状と記念品を贈呈した。二人三脚で支え合いながら半世紀を共に歩んだ夫婦を祝福した。

 

 今年の対象者は13組。同町のほーらい館で式典を予定していたが、島内で新型コロナウイルスが確認されたため中止した。6日は町の担当職員が12組の金婚夫婦宅を訪れ、結婚生活50年の節目を祝った。

 

 祝い状を受け取った義山良一さん(80)=面縄=は「式典は中止になったが、コロナの感染防止を考えれば仕方ない。結婚生活を50年間続けてこれたのはお互いが我慢してきた成果。これからも夫婦そろって元気で、残りの人生を楽しく過ごしていきたい」と話した。