金融機関防犯協など4団体が青パト隊に給油券贈呈

青パト隊にガソリン給油券が手渡された贈呈式=7日、奄美署

青パト隊にガソリン給油券が手渡された贈呈式=7日、奄美署

 奄美署管内で防犯ボランティア活動を行う青パト隊への支援として、奄美地区金融機関防犯協議会などは7日、民間12団体38台を対象にガソリン券約45万円分を贈呈した。

 

 贈呈したのは同協議会と奄美署管内企業等防衛対策連絡協議会、県遊技業協同組合奄美支部、奄美大島防犯団体連絡協議会の4団体。同署で贈呈式があり、各隊代表に券が手渡された。

 

 昨年9月に発足した奄美警友パトロール隊の玉井勝郎隊長は「10年以上活動を続ける各隊とともに、地域住民の安全確保に尽力したい」と述べた。

 

 同署によると、管内の2018年の刑法犯認知件数は前年比49件減の147件で戦後最少を記録。一方、小中学生に対する不審な声掛け事案は同11件増の30件となった。

 

 大川隆則署長は「青パト隊と警察の連携した活動で地域の防犯意識を高め、住民の安全安心につなげたい」と話した。