陸自配備予算で賛否の声

  2015年度政府予算案の防衛関連費に、奄美大島への陸上自衛隊「南西警備部隊」配備に伴う用地取得費32億円が確保されたことに対し、奄美では14日、賛否の声が聞かれた。誘致推進派は「国防、経済効果で大きな前進」と歓迎する一方、反対派は「危険地域の最前線となってしまう」などと指摘。奄美市名瀬では配備に反対する市民グループが、行政当局に基地受け入れ表明の撤回を求める請願署名活動を行った。