震災被災地へ花贈呈継続 和泊など全国9市町、総会

オンラインで開かれたフラワー都市交流連絡協議会総会で発言する伊地知和泊町長=15日、同町役場

オンラインで開かれたフラワー都市交流連絡協議会総会で発言する伊地知和泊町長=15日、同町役場

 花をテーマにしたまちづくりを推進する「フラワー都市交流連絡協議会」の総会が15日、インターネット上のテレビ会議システムを使用して開かれた。オンラインでの総会は初。花をシンボルに掲げる加盟9都市の首長や議会議長らが参加し、2020年度の事業計画案などを承認。役員改選があり、兵庫県宝塚市の中川智子市長を新会長に選任した。

 

 同協議会は1983年設立。相互交流を通して、各種産業と経済、教育文化の振興など魅力ある地域づくりに努めている。

 

 総会は宝塚市での開催を予定していたが、新型コロナウイルス感染防止のため、オンライン開催となった。今年度は▽各都市間の球根、花苗の相互交換▽各都市特産品の相互紹介と販売促進▽市民交流団訪問▽観光と特産品の共同宣伝―などに取り組む。

 

 東日本大震災の被災者に花で癒やしと安らぎを与えようと、12年度年から続けている被災地へのシンボル花贈呈事業実施する。

 

会議では各自治体が新型コロナへの対応状況なども報告した。次回総会は宝塚市で開催する。

 加盟都市とシンボル花は次の通り。▽北海道中富良野町、ラベンダー▽山形県長井市、アヤメ▽富山県砺波市、チューリップ▽静岡県下田市、スイセン▽岐阜県大野町、バラ▽兵庫県宝塚市、スミレ▽山口県萩市、ツバキ▽福岡県久留米市、ツツジ▽和泊町、ユリ。