音じゃぶらフェス開催 沖永良部島

情感たっぷりに歌う大山さん=20日、知名町

情感たっぷりに歌う大山さん=20日、知名町

  【沖永良部総局】沖永良部島出身の歌手、大山百合香さんや唄者の前田博美さんらによる音楽ライブ「音(うとぅ)じゃぶらフェス」(おきえらぶ文化のまちづくり実行委員会主催)が20日、知名町おきえらぶ文化ホールあしびの郷・ちなであった。島内のバンドや踊り連なども出演し、ポップスや沖永良部民謡、伝統舞踊など多彩な演目で、聴衆を魅了した。

 

 イベント名に使われた「うとぅじゃぶら」は、兄弟・姉妹という意味の方言。音楽でみんなが兄弟・姉妹のようにつながり合ってほしいという思いで企画し、2019年に続き、2回目。

 

 ステージは知名町住吉の住民有志による伝統舞踊「ふくらしゃ」で幕開け。地元のゆーはらんバンドが「永良部百合の花」などを演奏して会場を盛り上げた。

 

 唄者の前田さんは、三線を弾きながら伸びやかな歌声で聴衆を魅了。「御酌節」では「がんどーや」と観客席からの合いの手も響いた。大山さんは島や家族への思いを込めた新曲「花ノしずく」やモンゴル800のカバー曲「小さな恋のうた」などを情感たっぷりに歌い上げた。最後は出演者全員が舞台に登場し、聴衆と一緒に「サイサイ節」を歌い踊り、フィナーレを飾った。

 

 ライブの様子は、インターネットの動画投稿サイト・ユーチューブの知名町のチャンネルで視聴できる。

沖永良部民謡を披露する前田さん=20日、知名町

沖永良部民謡を披露する前田さん=20日、知名町