願いがかないますように 徳之島町図書館で七夕祭り

七夕の飾り付けを楽しむ子どもたち=6日、徳之島町亀津

七夕の飾り付けを楽しむ子どもたち=6日、徳之島町亀津

  徳之島町立図書館(里光和恵館長)主催の「月遅れ七夕まつり」が6日、町生涯学習センターであった。町内の幼児や小学生のほか、保護者やボランティアの高校生など約70人が参加し、飾り付けを楽しんだ。

 

 月遅れの七夕に当たる8月7日に合わせて同館が毎年行っている。七夕飾りは月遅れ盆で先祖の霊を自宅へ迎える「ブンムケ(盆迎え)」まで門前などに飾られる。

 

 子どもたちは同館が準備した色紙などを使って、思い思いの七夕飾りづくりに挑戦。「ケーキ屋さんになりたい」「かけっこで1番になる」など、将来の夢や目標、願いを書き込んだ短冊を飾り付けた。

 

 亀津小4年の豊美陽さん(9)は「短冊に家族みんなが健康で暮らせますようにと書いた。絶対に願いがかなってほしい」と笑顔をみせた。