駐車場に防犯壁画制作 沖永良部署

沖永良部署の駐車場に描かれた防犯を呼び掛ける壁画と、制作に参加した子どもたち(提供写真)

沖永良部署の駐車場に描かれた防犯を呼び掛ける壁画と、制作に参加した子どもたち(提供写真)

 沖永良部地区防犯協会は18日、沖永良部署の駐車場に防犯を呼び掛ける壁画を完成させた。全国地域安全運動(11~20日)に合わせ、地域の子どもらの協力を得て制作。地域住民へ防犯意識の向上を促している。

 

 今年の地域安全運動は、子どもと女性の犯罪被害防止などを重点目標に全国で展開している。沖永良部署では住宅・店舗などを対象とした窃盗犯罪の防止なども呼び掛けている。

 

 壁画は沖永良部柔道スポーツ少年団と知名町内の看板店が中心となり、約2週間かけて制作した。高さ約2㍍、幅約10㍍。防犯標語「いかのおすし」を題材にイカのイラストを描いて不審者と遭遇した場合の対処法などを示し、「日本一安全安心な島 沖永良部」「カギをかけて犯罪をふせごう」というメッセージを書き入れた。

 

 同署生活安全刑事課の寺内順平警部補は「来訪した人に壁画を見てもらい、少しでも防犯意識の向上につながってほしい」と話した。

 

 「いかのおすし」は①知らない人について「いか」ない②知らない人の車に「の」らない③助けてと「お」お声で叫ぶ④「す」ぐに逃げる⑤家族や先生に「し」らせる│といった身を守るための行動を呼び掛けている。