鹿児島、指宿で2人感染 新型コロナ

 【鹿児島総局】県と鹿児島市は4日、新たに新型コロナウイルス感染者2人を確認したと発表した。指宿市在住の10歳未満女子と、鹿児島市在住の30代女性。クラスター(感染者集団)との関連は確認されていないという。

 

 県によると、指宿市の女子は1、2の両日、小学校に通学し、3日に発熱と頭痛の症状が出たため医療機関を受診。4日に抗原検査を受け、陽性が確認された。現在、37・5度の発熱があり、自宅待機中。指宿市によると、通学する小学校は7日まで学校閉鎖の措置を取るという。

 

 鹿児島市の女性は8月20日から今月2日まで職場に出勤していたが、3日にせきや喉の痛みを訴えたため、同日帰国者・接触者相談センターでPCR検査を行い、陽性が判明した。医療機関に入院している。

 

 2人とも感染経路については調査中。

 

 県内の感染者総数は4日現在、370人。3日現在、42人が医療機関に入院中(重症1人、中等症6人)で7人が宿泊療養中となっている。