鹿大が地域開発ワークショップ

中央青果や大浜海浜公園などを巡り、地域の文化にも触れたワークショップ参加者=26日、奄美市名瀬

中央青果や大浜海浜公園などを巡り、地域の文化にも触れたワークショップ参加者=26日、奄美市名瀬

 国内の地方都市が置かれている現状や課題などから地域開発や振興の在り方を模索する鹿児島大学主催の地域開発ワークショップが25、26の両日、奄美市であった。海外の研究者など12人が来島し、地区住民との交流や一次産業の振興、観光、情報発信に向け整備された施設の視察で奄美の現状を確認。人口減を喫緊の課題として解決へ活発な議論を促す意見や、世界自然遺産登録後の地域づくりへの提言があった。